banner

必要な経理の処理

合同会社に必要な経理の処理

個人事業を続けるよりも、合同会社を設立した方が税金を安くすることができますし、規模が大きくなれば資金調達が容易になるなどのメリットがあります。合同会社を設立するためのコストはあまり高くはありません。格安のサービスを利用すれば10万円くらいで設立することも可能ですし、設立後に経常的にかかるコストも大きくはありませんから、設立しようと考える人も多いでしょう。

合同会社設立をすれば経理をきちんと行わなければなりません。個人事業の場合と同じように帳簿をつけていると、申告のときに苦労することになるでしょう。そもそも経理を行わなければならない理由は何なのかというと、一つは会社の経営状態を把握することです。利益がどれくらいあるのか、あるいは財務状態がどのようになっているのかを把握するために用いられます。

もう一つは納税のためです。法人を設立すれば決算を行って、そして利益に応じて納税しなければなりません。収益がどれくらいあったのかを把握することも必要となりますし、経費がどれくらいかかったのかを把握することも必要となります。そのために帳簿をつけていくことが必要となってくるのです。

帳簿を作成するためには、仕訳帳や総勘定元帳などの主要簿を作成することも必要ですし、現金出納帳や受取手形記入帳などの補助簿を作成することも必要となります。必要な帳簿は、その会社の取引や財務状況などによって異なりますから、それを把握することは必要となってきます。

合同会社を設立すれば、作成しなければならない帳簿の種類も増えますから、そのための事務作業は大変になると考えておかなければなりません。ですから、日々、経理処理をきちんと行わなければならないのです。複式簿記で帳簿をつけていくことが必要となりますから、簿記の知識は必要となってきますから、簡単なものではないと言えるでしょう。特に決算処理は非常に大変なもので、初めての決算のときには苦労する人も多くいます。

合同会社設立をした場合に、多くの人は税理士と顧問契約を結んで、帳簿の作成を税理士に任せているようですが、最近では決算処理だけを任せて、日々の会計処理は自分で行う人も多くなってきています。日々の会計処理については、ある程度の知識は必要となってくるのですが、会計ソフトを購入すれば簡単に行う事ができるでしょう。どのソフトを購入すれば良いのか分からない場合には、税理士に相談をするのも良い方法です。

Copyright(c)2014合同会社設立を考えていくうえで不可欠な移転や定款の変更など詳しい合同会社事情All Rights Reserved.