banner

最近の投稿

必要な帳簿について

合同会社に必要な帳簿について

合同会社は法人ですから、当然のことながら帳簿をつけて会計処理を行わなければなりません。個人事業主の場合にも会計処理は必要となりますから、同じようにつけておけば良いと考える人もいるようですが、合同会社の場合には個人事業主とは異なります。慣れてしまえば問題はないのですが、初めてのときには戸惑うこともあるでしょう。

合同会社を設立すれば帳簿をつけることは必要ですが、その目的は二つあります。その一つは経営状態を把握することです。本来はこのためのものだと考えられます。売上がどれくらいあるのかを把握することが必要となりますし、資産状況を把握することも必要となります。経営判断を行うためのものとして必要だと考えられっるのです。

もう一つは税務申告です。ある程度の利益が確保できているのであれば、合同会社を設立してもだいたいの利益予想は付くでしょう。ですから、細かい経営判断を行わなくても良い場合が多いです。それでも税務申告を行わなければなりませんから、帳簿をつけなければなりません。

その方法についてですが、複式簿記によって作成することが必要となります。ですから、自分ですべて行おうと思うのなら、簿記の知識は必要となってくるでしょう。最低限の知識があれば、処理のほとんどをコンピュータに任せる事もできますから、慣れれば事務手続きはそれほど難しくはありません。
また、税理士に処理を依頼する事もできます。顧問契約を結んでおけば、日々の作業についても委託することができますし、決算処理についても委託することができます。

完全に税理士に依頼するのを否定するわけではありませんが、経営を判断していくためには自分で行うのも良い方法だと考えられます。
帳簿をつけていけば、お金の流れをすべて知ることができます。合同会社を運営する上で、お金の流れを知ることは非常に大事なことですから、時間はかかりますが自分でするメリットは大きいと考えられます。

では、実際にはどのようにすれば良いのでしょうか。経営に集中したいのであれば、すべてを税理士に依頼するのも良いと考えられますが、そのためには報酬を支払わなければなりません。
バランスを考えるのなら、日々の帳簿の作成は自分で行い、そして専門的な知識が必要となる決算処理については税理士に任せるのが良いでしょう。こうすることによって無駄なコストを抑えつつ、事務処理にかける時間を抑えるのは良い方法だと考えられます。

合同会社の決算

合同会社の決算を自分で行うことはできるのか

合同会社を設立すれば決算処理を行わなければなりませんが、これを自分で行うことは可能なのでしょうか。知識があればもちろんそれは可能です。そのためには、まず税金の知識と経理の知識を身につける必要があります。

合同会社を設立すれば、決算申告によって納税しなければなりません。この税金はいくつかありますが、大きく分ければ法人税、地方税、消費税の3つになります。
法人税は国に対して支払う税金で、その期の利益に対して課せられます。

地方税とは地方自治体に納める税金で、その一つとして事業税があります。これは合同会社の所得に応じて課される地方税です。そして、地方法人特別税もあります。地方法人特別税は国税なのですが、都道府県が徴収することになります。

合同会社を設立すれば法人住民税を支払わなければなりません。これには法人税割りと均等割とがあります。法人税割りは、法人税額に応じて課税される税金で、均等割は法人の規模によって課せられる税金です。

消費税は、ここ最近で増税されたことで世間を騒がせていますが、消費税については国税と司法税との両方があります。国税の消費税の税率は6.3%、地方税の1.7%で、合計が8%となっています。消費税は一時的に預かった資金で、決算のときに差し引きをして支払う事になりますから、経理処理を行うことも必要となります。

税金だけもこれだけ大奥ありますから、税務についての知識は必要となってきます。これらの税金についてですが、計算そのものはそれほど難しくはありませんが、実際に納税をする時には色々な書類を作成しなければなりません。合同会社を設立して初めて行うときには、かなり苦労をする人も多いようです。

日々の経理処理は、帳簿の知識があればそれほど難しいものではありませんから、すべて自分で行うことも可能です。税務申告に関してもすべて自分で行うことは可能ですが、時間もかかることから、この部分を税理士に任せる人も多くいます。納税に関して税理士に任せることで事務的な処理の負担し、日々の処理はソフトウェアを用いて行うことによってコストを抑えるという方法をとる人が多くいるのです。

もちろんですが、日々の処理もすべて税理士に任せることもできますが、そのためには報酬を多く支払わなければなりません。どこまでの処理を税理士に任せるのかを考えておくことも必要ですし、信頼できる税理士を探すことも 必要となります。

Copyright(c)2014合同会社設立を考えていくうえで不可欠な移転や定款の変更など詳しい合同会社事情All Rights Reserved.