banner

必要な帳簿について

合同会社に必要な帳簿について

合同会社は法人ですから、当然のことながら帳簿をつけて会計処理を行わなければなりません。個人事業主の場合にも会計処理は必要となりますから、同じようにつけておけば良いと考える人もいるようですが、合同会社の場合には個人事業主とは異なります。慣れてしまえば問題はないのですが、初めてのときには戸惑うこともあるでしょう。

合同会社を設立すれば帳簿をつけることは必要ですが、その目的は二つあります。その一つは経営状態を把握することです。本来はこのためのものだと考えられます。売上がどれくらいあるのかを把握することが必要となりますし、資産状況を把握することも必要となります。経営判断を行うためのものとして必要だと考えられっるのです。

もう一つは税務申告です。ある程度の利益が確保できているのであれば、合同会社を設立してもだいたいの利益予想は付くでしょう。ですから、細かい経営判断を行わなくても良い場合が多いです。それでも税務申告を行わなければなりませんから、帳簿をつけなければなりません。

その方法についてですが、複式簿記によって作成することが必要となります。ですから、自分ですべて行おうと思うのなら、簿記の知識は必要となってくるでしょう。最低限の知識があれば、処理のほとんどをコンピュータに任せる事もできますから、慣れれば事務手続きはそれほど難しくはありません。
また、税理士に処理を依頼する事もできます。顧問契約を結んでおけば、日々の作業についても委託することができますし、決算処理についても委託することができます。

完全に税理士に依頼するのを否定するわけではありませんが、経営を判断していくためには自分で行うのも良い方法だと考えられます。
帳簿をつけていけば、お金の流れをすべて知ることができます。合同会社を運営する上で、お金の流れを知ることは非常に大事なことですから、時間はかかりますが自分でするメリットは大きいと考えられます。

では、実際にはどのようにすれば良いのでしょうか。経営に集中したいのであれば、すべてを税理士に依頼するのも良いと考えられますが、そのためには報酬を支払わなければなりません。
バランスを考えるのなら、日々の帳簿の作成は自分で行い、そして専門的な知識が必要となる決算処理については税理士に任せるのが良いでしょう。こうすることによって無駄なコストを抑えつつ、事務処理にかける時間を抑えるのは良い方法だと考えられます。

Copyright(c)2014合同会社設立を考えていくうえで不可欠な移転や定款の変更など詳しい合同会社事情All Rights Reserved.